映画【グラウンドブレイク 都市壊滅】感想

DVDorBD

●こんなお話

 1988年のアルメニア地震を描いた話。 

●感想

 日常を最初の20分ほど描いて、そこからお昼ごろに地震が発生して建物が崩壊していく見せ場があってその最初のディザスターシーンは迫力あって凄かったです。 

 群像劇なので序盤に一気に天地人が紹介されていくので関係性や名前と顔を覚えるのが大変でしたが、災害後に救助活動したりもろもろしたりでしだいに明らかになっていきました。 

 災害で引き裂かれる家族を見るのは辛くて劇中の人たちも別れがいっぱいあって悲しいですが、そこにテーマ曲が何度も流れてそこに涙する人物たちが何パターンも繰り返されるだけなので単調っちゃ単調でした。そのくせ強盗団みたいなのが突然銃を向けてきてハプニングが発生したりして、ちょっと起こる出来事の起伏が突然なので戸惑う構成の映画でもありました。 

 ただアルメニアで大地震があったという事実を知ることができたのはよかった映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/02/02 DVD

監督サリク・アンドレアシアン 
脚本セルゲイ・ユダコフ 
出演コンスタンチン・ラヴロネンコ 
ヴィクター・ステパニヤン 
タイトフ・オーヴァキミヤン 
マリア・マイノロヴァ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました