映画【ソウル】感想

DVDorBD

●こんなお話

 韓国で連続銀行強奪事件捜査に首を突っ込む日本人の話。 

●感想

 日本から犯人を護送したらしい主人公の刑事さんが強奪事件に鉢合わせたことをきっかけに韓国の警察の捜査に協力することになりますが、どういう権限があって主人公が韓国の捜査に紛れ込むことができるのかが謎で、普通にみんなが走り出す中、一緒に走って現場に行くというのが繰り返されます。 

 日本語が通じないので通訳がついての会話も映画として結構テンポを損なっていて同じセリフを2回聞くのが辛かったです。それでいて後半になると日本語と韓国語で会話をし始めたりするので、最初の設定はどこいってしまったのだろうとノイズになってしまう設定でした。 

 韓国ロケで迫力あるアクションを期待したいですが、棒立ちで銃を撃った撃たれたというだけの構図が続くのでこれまた退屈でした。犯人の犯罪も【ダイハード3】で見たようなものだし、主人公の目の前にたまたま犯人が通りかかるというのが2回もある偶然というのも捜査というより偶然のほうが勝ってしまうものは刑事アクションとして失格だと思いました。 

 せっかく異文化交流のぶつかり合いからの友情という面白そうな設定の刑事ものですが、残念な1本でした。 

鑑賞日: 2019/01/08 DVD

監督長澤雅彦 
脚本長谷川康夫 
出演長瀬智也 
チェ・ミンス 
キム・ジヨン 
イ・チャンヨン 
チェ・ソンミン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました