映画【ナショナル・セキュリティ】感想

Netflix

●こんなお話

 白人と黒人の警備員が警官殺しの犯罪グループと戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 警官ではなく警備員という職業の設定が面白いですが、新しいのはそれだけの映画でした。 

 白人と黒人のバディものという何百回とやり尽くされてきた設定ですが、黒人サイドがやたらと人種差別ネタを言うのであまりアメリカの人種差別の下地がない身からしたら、笑っていいのかどうなのかがわからず戸惑うギャグの連続でした。しかもこの主人公は自分が白人警官に暴行されたという嘘をついて白人警官を追い込んでるのに、それに対しての反省や後悔が一切ないまま映画が進んでいくのも納得できない主人公でした。白人警官もこれがまた華がないので魅力に欠けるキャラクターだったと思いました。 

 アクションシーンも銃撃戦やカーチェイスは迫力不足は否めなかったです。ハリウッド映画でしかもこの手のジャンルは大得意なはずなので一定の面白さはありましたが、それ以上でも以下でもないアクションコメディだったと思いました。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/03/28 NETFLIX

監督デニス・デューガン 
脚本ジェイ・シェリック 
デイヴィッド・ロン 
出演マーティン・ローレンス 
スティーヴ・ザーン 
コルム・フィオール 
ビル・デューク
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました