映画【LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 東日本大震災で神戸に避難した女子高生が仲間たちとともにタイムカプセルを探しにいく話。

●感想

 ドキュメンタリーのような手持ちカメラでぐらぐらした映像に背景の音とかも入り込んでボソボソと喋るのでセリフが聞き取りにくく、序盤は入り込みにくかったです。主人公たちが再会をし始めて、福島に向かって移動してそこでの出会いからこの映画の不思議なテンションに慣れ始めて入り込むことができました。

 誰もいない浜で旦那さんを探す女性だったり主人公の恋人のお母さんも阪神大震災で長男を亡くしていて、震災っていつ終わるんだろうというセリフに何とも言えない気持ちになりました。

 ストーリーはダラダラとした印象で退屈でしたが、少しずつ前に進んで行きたいちょっとでも復活させていこうという気持ちが地元のお祭りや阪神大震災の歌を歌う主人公の姿伝わってくる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/11/05 試写

監督井上剛 
脚本一色伸幸 
出演石井杏奈 
渡辺大知 
木下百花 
柾木玲弥 
前田航基 
津田寛治 
二階堂和美 
皆川猿時 
ともさかりえ 
南果歩 
中村獅童 

コメント

タイトルとURLをコピーしました