映画【ギャング・オブ・ニューヨーク】感想(ネタバレ)

gangs-of-new-york
スポンサーリンク

●こんなお話

 移民問題に揺れるニューヨークでギャングのボスにリベンジしようとするレオ様の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 衣装や美術はさすがの迫力で当時のニューヨークの生活風俗を知ることができる面白さはあってよかったです。

 ただお話の方は主人公の父親が殺されたのでリベンジしようとする主人公が、カタキ役のボスの組織に入り込んで、彼の信頼を得ていくという疑似親子的な流れなのかと思いきや。ヒロインとの出会いがって彼女の盗人としての紹介があって、出会ってすぐに好き好きになっていく流れが結構長いこと描かれて、かと思えばクライマックスは徴兵に反対する暴動が起こって、その中でギャングの抗争も同時進行で描かれてといろんなことが起こっているうえに全部が薄く感じてしまって、3時間近い長さもあいまって早く終わらないかな? と思ってしまう退屈な作品でした。

 主人公とカタキ役が信頼しあっていたと思ったら、カタキ役が主人公の正体を知って殺し合いをはじめるシークエンスも結構あっさりだし。クライマックスの戦いもいきなり暴動が起こって、その騒ぎに乗じて主人公たちの決闘もあって歴史的な流れだとはいえ、ドタバタでみんながワーワー大騒ぎしているだけにしか見えずにしかも霧の中で主人公たちが探り合うという象徴的な演出になってしまってそれも戸惑ってしまいました。

 たくさんギャングが出てきて有象無象の連中が騙しあい足の引っ張り合いを見てみたかった映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2017/02/19 NETFLIX

監督マーティン・スコセッシ 
脚本ジェイ・コックス 
スティーヴン・ザイリアン 
ケネス・ローナガン 
出演レオナルド・ディカプリオ 
キャメロン・ディアス 
ダニエル・デイ・ルイス 
リーアム・ニーソン 
ヘンリー・トーマス 
ブレンダン・グリーソン 
ジム・ブロードベント 
ジョン・C・ライリー 

コメント

タイトルとURLをコピーしました