映画【ソード・オブ・デスティニー】感想

Netflix

●こんなお話

 伝説の剣が欲しい人たちとそれを守る人たちの戦いの話。

●感想

 画面が綺麗で遠くに連なる山脈の中を馬が駆けたりするスケール感が凄くて画面や美術の綺麗さを見るだけでも気持ちがいい作品でした。そして中国の武侠映画らしくシャキン! シャキン! と剣を交える戦いが延々と続いたりするとだんだんと飽きちゃいそうですが、いろんな武器が出てきたりして工夫があって退屈せずに見ることができました。そしてなんといってもドニー・イエンさんのアクションの数々を見るだけで満足な気持ちになれる映画でした。

 グリーン・デスティニーを護衛することになる飲み屋で知り合う武人たちもケレン味いっぱいで、いきなり意気投合して仲間になるのとかよくわからないけど。それぞれの戦い方の見せ場があって全員かっこよかったです。登場人物の名前もサイレントウルフ、アイアンクロウ、フライングブレード、サンダーフィスト。とか名前からしてカッコいいです。

 伝説の剣を巡って奪い合う人たちの話ですが、この映画の始まる前の登場人物たちがいちいち回想があってちょっと流れがぶつ切りになってしまう印象で、そこまで過去を映像で丁寧に描く必要があったのかがわからなかったです。ドニー・イエンさんが姿を消していた理由が描かれ、若手のヒロインの過去が描かれ、その話を聞いた若手の男性キャラが同じく回想に入って。と立ち止まってしまって退屈に感じました。

 クライマックス前で氷上でグリーン・デスティニーを巡ってドニー・イエンと戦う若手イケメンさんとの熱い戦いがありますが、そこでアイアンクロウなる若手イケメンさんの師匠も参加して…。となって殺し合いをしていたのに、次のクライマックスでは一緒に協力して戦ったりするのでどういう気持ちでそこにいるのかとかもわからなかったです。それに1番残念だったのが、敵味方も勝敗が決まって死んだりしますが、なぜ勝ったのか負けたのかというのがよくわからないので、シャキン! シャキン!と戦って気づいたら刺していたというのばかりだったので盛り上がらなかったです。

 とはいえスケールの大きさが伝わってきて派手だけどしっかりとアクションシーンが丁寧に作られていて面白い映画でした。

☆☆☆

監督ユエン・ウーピン
キャストミシェール・ヨー
ドニー・イェン
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました