映画【ポリス・ストーリー/REBORN】感想

SF

●こんなお話

 ジャッキーVS人造人間の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 冒頭の科学者らしい証人を守れとなって未来ちっくな襲撃者たちとの銃撃戦はド迫力でカッコいいアクションシーンでした。ジャッキーの部下の女性キャラクターもかっこよくて、彼女が激しく戦うのもよかったです。 

 ただ力が入っていたのは冒頭だけなのか、そっからどんどんと珍作・怪作となっていく映画でした。 

 冒頭の戦いからメインスタッフキャストクレジットがあり「タイトルかな?ってくらいの大きくどーん! と脚本監督の名前が出るのが戸惑う冒頭でした。 

 そこからシドニーに舞台がうつったら、悪人たちに狙われているらしい女の子と彼女に付きまとう若い泥棒の流れになって、そこらへんもジャッキー関係なくなって、笑えない香港コメディが結構長いこと続くので恐ろしく退屈でした。 

 しだいにジャッキーや悪人たちの思惑が判明していく作りですが、娘さんを守るためにジャッキーが見守るとかも感動的ではありますが、少し冗長的だったり。娘さんが記憶を取り戻すのも簡単だったりと高速で展開していくので、ただただ「ジャッキーがスクリーンに映っているから」という理由だけでしか見続けることができない時間が過ぎる作りなのが悲しかったです。 だんだん敵も味方も思惑がわからなくなっていき、つまりどうでもよくなっていくストーリー、設定でした。

 アクションシーンもジャッキー映画としての魅力が薄くなってしまって特に新鮮さはないのでクライマックスのアクションとかも東映の戦隊ものみたいにしか見えなかったです。 

 ジャッキーとSFという設定は面白そうだったのにあまりかみ合っていないまま進んで行く映画でした。 

☆☆

鑑賞日: 2018/12/06 TOHOシネマズ川崎 2020/02/25 WOWOW

監督レオ・チャン 
脚本レオ・チャン 
製作総指揮ジャッキー・チェン 
出演ジャッキー・チェン 
ショウ・ルオ 
オーヤン・ナナ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました