映画【クワイエット・プレイス】感想

☆☆☆

●こんなお話

 日テレの大晦日でやっている絶対笑ってはいけない的なのをホラー風味にした話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 音を立てたら謎のクリーチャーが襲ってきて即死んじゃうというワンアイデア一発の映画でその設定が楽しい映画でした。そりゃ当然、音をたてたら襲ってくるクリーチャーとのかくれんぼというのは怖いし見せ場もいっぱいでハラハラドキドキするシーンがいっぱいでよかったです 

 ただ特殊な設定がベースにあって、そこでの家族愛だったりサバイバルだったりが描かれますが、よっぽどアイデアを煮詰めないと突っ込みどころが目立ってしまって、登場人物たちが頭の悪さだけが強調されてしまって、この作品もそんな感じに仕上がっていました。 

 音を立ててはいけない生活をしている割には音を立てそうなものばかりが家にあったりして、真剣に生き延びようと生活しているのかな? と考えてしまう防衛体制でした。今までよく生き延びてこれたなと感心してしまうユルユルな防衛体制でした。クリーチャーの設定もよくわからず、盲目らしいですが、登場人物たちは目の前に現れたらダッシュで逃げたり。どこまで怪物が人間を感知できるのかわからなかったり、銃が効いたりしてるっぽいので人類が滅ぼさられるほどの強さなのかとかつかめなかったです。鋼鉄のものを破ったりするわりに主人公たちが乗っている車はやぶけなかったり強いのか弱いのか映画の世界に入る前の世界観が入り込めず乗り切れない映画でした。 

 ストーリー自体も前半は静かに暮らす主人公たちの生活は普通に退屈なシーンが続くだけで結構つらかったです。 

 とはいえ、劇中で3人出産しているお母さんは4人目ともなると、めちゃ安産なんだなと感心する映画でした。しかしこの世界で出産を選択するという主人公たちの決断が凄い割にそこで起こるピンチには何も考えていないのかとずさんさが気になっちゃいました。そしてアメリカの田舎で謎の怪物に襲われて家族愛を描くというのはシャマラン監督作品でもっとよくできた映画がずっと前にあったなと再確認できる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2018/09/28 TOHOシネマズ川崎 2019 /07/16  Amazonプライムビデオ

監督ジョン・クラシンスキー 
脚本ジョン・クラシンスキー 
ブライアン・ウッズ 
スコット・ベック 
出演エミリー・ブラント 
ジョン・クラシンスキー 
ミリセント・シモンズ 
ノア・ジュペ 
ケイド・ウッドワード 
レオン・ラッサム 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました