映画【Z108地区 ゾンビ包囲網】感想

DVDorBD

●こんなお話

 ゾンビと特殊部隊の戦いの話。

●感想

 冒頭、誰もいない街でゾンビに襲われる人妻と娘さん。ここは衝撃的で面白いツカミでした。ところが、話の流れは何時間か前に戻って……。となりますが、マフィアたちの日常、そこに突入してくるSWAT。そしてゾンビ乱入。

 「部下を絶対見捨てない!」というSWAT隊長だったり、コメディ担当の太ったマフィアのボスがコメディパートで出てきます。もうこの段階でなかなかの退屈な時間でした。話がとにかくいろいろなところに行くので、正直、誰が主人公なのかもわからなかったです。
 そして冒頭の人妻さんたちは別な時間軸で動いてるのかと思いきや、同時進行で話に合流してきます。それも偶然でした。ゾンビ顔したサイコに捕まっていて、そいつとの戦いになったり、何故か日本人殺人鬼とかも出てきて話を乱していきます。

 アクションシーンも画面がガチャガチャ動き回り、ほとんど寄りなため何が起こっているのかわからないという。そしてマフィアのボスは何故か咬まれても平気という。と話してたのにクライマックスで……。という展開。何なんだこれ状態でポカンとしていました。

 とにかく、問題は登場人物たちの背景がわからず。ただワーワー! 騒いでるだけなので、恐ろしく退屈な映画になってしまったのだと思います。

鑑賞日:2013/03/06 DVD

監督ジョー・チェン 
脚本ジョー・チェン 
出演イヴォンヌ・ヤオ 
モーリス・ロン 
タイ・ポー 
ジャック・カオ 
デニス・トー 
チュー・ムーイェン 
0
タイトルとURLをコピーしました