映画【ゼロ・ダーク・サーティ】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 ビンラディンを見つけて暗殺するまで頑張るアメリカ人たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 ビン・ラディンを探して殺害作戦までを描いていて、刑事ものの王道のような展開で。点から線へと繋いでいってビン・ラディンへと辿り着くという展開を緊迫ある映像で2時間30分の長い時間惹きつける映画で面白かったです。

 CIAってどういうことしてるんだという映画のフィクションとはいえ知ることができる面白さもあると思います。
 冒頭から拷問が結構な時間描かれることに始まり、なかなか捜査が進展せずに逆にテロリスト側に銃撃事件やホテル爆破、更には有力な情報があると接触してきた相手に自爆テロをやられて優秀なCIA捜査官がやられたり。ヒューマンエラーで資料の中に埋もれてた大切な情報を発見し、携帯の電波から要塞のような家を発見する。他にも情報を得るためにランボルギーニで買収したり税金の使われ方物凄いことになってます。
 けれど要塞は見つけたけど決定的証拠が見つからず、時間だけが過ぎていく。主人公は上司に恵まれてませんでした。

 そして何とか作戦が決行に映されてのクライマックス30分間のビン・ラディン殺害作戦。本当にエリア51にアレがあったのかな? と思ってしまうような展開でしたが。このクライマックスの緊迫感が物凄くて、真っ暗闇の中暗視ゴーグルの映像を組み合わせて目的の家を探索するのは、めっちゃ緊張して見ることができました。BGMが一切なくて実際の音だけ。特殊部隊の動きにいきなり響く銃撃など。
 そしてクライマックスを終えて、あれだけ復讐が行動の動機となっていた主人公に爽快感やカタルシスが得られず誰もいない貨物機で涙する主人公。目的を果たして何が残ったのか? そこにある虚無感、空虚感。報復の先に何も残らない。

 主人公がほとんど何もせず、周りの同僚たちが動いて解決していくので。主人公が傍観者になってしまっているような気がしましたが。それでも圧倒的迫力の映画で2時間30分飽きずに見ることができました。

☆☆☆☆

鑑賞日:2013/02/12 TOHOシネマズ南大沢

監督キャスリン・ビグロー 
脚本マーク・ボール 
出演ジェシカ・チャスティン 
ジェイソン・クラーク 
ジョエル・エドガートン 
マーク・ストロング 
クリス・プラット 
カイル・チャンドラー 
テイラー・キニー 
マーク・デュプラス 
フランク・グリロ 
0
タイトルとURLをコピーしました