映画【男たちの大和 YAMATO】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 戦艦大和の乗組員と帰りを待つ家族たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 戦艦大和のレイテ沖海戦や沖縄特攻などでの将兵たちの動きを詳しく描かれるのを見たことがないので、当時の将兵たちがどのように戦ったのかを知ることが出来て良かったです。機銃の撃ち方とか日常の訓練の様子など興味深く見ることができました。それに乗組員たちの帰りを待つ母親や恋人たちの気持ちも万国共通で辛いもので感動的でした。

 ただ日本映画らしいセット感いっぱいの大和の中の様子はチープに感じてしまって、クライマックスの戦いから沈没までもあんまり海の上を浮いているとか動いているとか感じられなくて、あまり躍動感がない映像が続くのでアクション映画として盛り上がりに欠ける戦闘シーンでした。

 それに時々挿入される当時の情勢のナレーションも教育ビデオ的なものに一気になってしまう印象で博物館とかで流れる映像みたくなってしまいました。それにいろんな人の愛する人たちの別れが中盤連続して、そのたびに感動的な音楽が流れることの繰り返しなので、そこらへんもダルく感じてしまいました。

 現代パートも分量が長くて大和が沈没した地点まで行きたい女性が船を探すくだりも長いし、回想のためとはいえ仲代達矢さんが倒れて人工呼吸をされて復活するくだりとかも何を見せられているのだろうという気持ちになってしまうところも多かったです。主題歌とかも個人的には失笑してしまうものでしたし、 中村獅童さんとかもオーバーアクトはあれでいいのか? とか心配してしまうものでした。

 とはいえ戦艦大和をフューチャーされる映画として面白い映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2011/09/13 DVD  2019/08/23 NETFLIX

監督佐藤純彌 
脚本佐藤純彌 
原作辺見じゅん 
出演反町隆史 
中村獅童 
鈴木京香 
松山ケンイチ 
渡辺大 
長嶋一茂 
蒼井優 
余貴美子 
池松壮亮 
井川比佐志 
勝野洋 
寺島しのぶ 
白石加代子 
奥田瑛二 
渡哲也 
仲代達矢 

コメント

タイトルとURLをコピーしました