映画【湾生回家】感想

☆☆☆☆☆

●こんなお話

 日本統治時代の50年間の台湾で生まれた日本人に取材したドキュメンタリー。 

●感想

 冒頭で「♪うさぎおひしかのやま~」の【故郷】が流れて、台湾で生まれた日本人たちの何人かが紹介されて彼らのファミリーヒストリーが語られていきます。おじいさんが台湾の友人たちを訪ねて、もう亡くなってるのを知って涙したり、再会して涙したりを見せられて、よく知らないおじいさんなのに。一気にその人たちの背景がどっと入ってきて感情移入してしまって、ドキュメンタリーの強さが発揮されている作品で終始泣きそうになっていました。 

 不況の日本を飛び出して移民として植民地だった台湾へやってきて開墾する苦労をする日本人たちや戦時中の台湾の状況や現在の平和について語ったりする姿を単純に歴史の勉強として面白く見ることができました。また、敗戦後に日本に帰った人もいれば、台湾に残る人たちもいて、母親に捨てられたと思っていた湾生の子どもたちが日本に来て、母親のその後を追いかけて、その結果も感動的でした。 
日本が統治して台湾人が「日本人が来て治安がよくなってインフラを整えて産業が発展した」と良い面も語れば「軍事力で占領した事実も忘れない」「負の面があったから霧社事件もあった」などを語ったり。それでも湾生の方々をウェルカムで迎え入れて仲良くしている姿を見るのも人間ドラマとして素晴らしかったです。植民地ということについても当時の考え方や現在の認識についても少し語られたりしているのも印象的でした。回想シーンがアニメーションになっているのも映画的でよかったと思います。 

 あまり故郷を想う気持ちがわからないボクにとっては、ここまで故郷を想う人たちがある意味羨ましい映画でした。そして台湾人が日本人の映画を作ってくれて嬉しくなる映画でした。 

☆☆☆☆☆

鑑賞日: 2017/04/17 キネカ大森

監督ホァン・ミンチェン 
エグゼクティブプロデューサーチェン・シュエンルー 
プロデューサーファン・ジェンヨウ 
内藤諭 
出演冨永勝 
家倉多恵子 
清水一也 
松本洽盛 
竹中信子 
片山清子 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました