映画【アンダーワールド ブラッド・ウォーズ】感想(ネタバレ)

underworld-blood-wars
スポンサーリンク

●こんなお話

 オオカミ一族が勢力を強めているので、ヴァンパイア一族が主人公に助けを求めたりして相変わらず戦い続けている話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭で今までのシリーズを軽く復習してくれて世界観はなんとなく頭に入る親切設計でした。相変わらず戦っていて、しかも映画は終始暗闇で進行するのでどんよりする気分の映画でした。話も進行部分は全部説明台詞で、そしてあの手この手のアクションシーンが差し込まれての繰り返しなので、相当の思い入れがないとなかなかキツイ1本だと思いました。

 ヴァンパイア族は精鋭部隊を作るために教官として雇われるけど、速攻でその部隊が壊滅してヴァンパイアに裏切り者が出て、とやってることは今まで変わり映えせずにもう少しひねりがあってもいいのではないかと感じてしまいました。精鋭部隊を作る、となっても速攻で終わり。オオカミは寒さに弱いと言って砦を作っていたら、コートを着たオオカミたちに襲撃される。とヴァンパイアの頭の悪さばかりが目立つ進行でした。主人公が一回敗北してから復活するのも急展開すぎだし、復活してからは瞬間移動最強説でもはや強すぎて相手が可哀そうになっていってしまいました。

 とはいえ、主人公のケイト・ベッキンセールの美しさは相変わらず綺麗でそれを愛でる映画だと思いました。

☆☆

鑑賞日: 2017/06/24 Blu-ray

監督アナ・フォースター 
脚本コリー・グッドマン 
出演ケイト・ベッキンセール 
テオ・ジェームズ 
トビアス・メンジーズ 
ジェームズ・フォークナー 
チャールズ・ダンス 

コメント

タイトルとURLをコピーしました