映画【ダブルチーム】感想(ネタバレ)

double-team
スポンサーリンク

●こんなお話

 テロリストに奥さんを誘拐された主人公が武器商人を相棒にして戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 90年代らしい爆破と銃撃戦のアクションが堪能できて面白かったです。クライマックスのコロシアムでの戦いなんかも地雷と虎が良いギミックで楽しかったです。

 ただお話の方はやっぱり大味なのは仕方ないかとあきらめてみる感じで、途中で主人公が謎の組織みたいなところに無理やり入れられて孤島にいるシークエンスは恐ろしく退屈だし。見終わってこの組織の必要性が感じられなかったです。それよりもここで主人公がトレーニングのシーンが長く挿入されますが、開脚をして鍛えるジャン・クロード・ヴァンダムの姿を愛でるという楽しみ方はできました。

 凄い捜査官に凄いテロリストだったのが結局子どもという家族の小さな目的のために戦ってえらく小さいスケールになってしまったり、バディものになっていきますが、そこらへんから途端に妙にコメディ色が強くなって微妙な気持ちになったりしてしまうのが残念でした。

 とはいえ地雷が爆発したら、建物全部吹き飛ぶほどの威力だったり。コロシアムになぜかコーラの自販機が大量に置かれていたり摩訶不思議な魅力のあるアクション映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/06/15 DVD

監督ツイ・ハーク 
脚本ドン・ジャコビー 
ポール・モーンズ 
原案ドン・ジャコビー 
出演ジャン・クロード・ヴァン・ダム 
デニス・ロッドマン 
ミッキー・ローク 
ポール・フリーマン 
ナターシャ・リンディンガー 
ヴァレリア・カヴァーリ 
ジェイ・ベネディクト 

コメント

タイトルとURLをコピーしました