映画【つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語】感想

tsuya-yoru DVDorBD

●こんなお話

 いろいろな女性の物語。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 自転車を急いで漕ぐ男。病院に着くと寝たきりの女性を包丁で刺そうとするけど刺せない。という衝撃的なツカミで期待の高まるスタートでした。

 艶さんというもうすぐ危篤状態の女性に関わりを持つ持った男性や女性たちが登場してきて、男と女のいろんな愛憎を見せていく。というものだと思いますが、いかんせん大人な男女の物語で、一体これは何の話なんだろう? と140分つかみきれないまま終わってしまう映画で。
 つまらなくもないけど戸惑ったままの140分でした。

 いろんな男女関係が描かれるけど、ボクには到底理解できない関係であり演出も長回しが多くて淡々と進むので体感時間はとても長く感じました。
 小泉今日子さんと荻野目慶子さんのバトルがスゴイなー、とか。奥田瑛二さんの色気ハンパないなー、とか。阿部寛さんの壊れっぷりが微妙だなー、とか。自転車漕ぐ力すげーなー、とか。そういう所しか目が行かない浅さで見てました。

 艶さんと関係ある男の話ではなく、関係のある男と関係のある女の話なので。艶さんである必要があるのか? と疑問に思ってしまう内容でした。オムニバス形式で進むので連続ドラマで掘り下げていけば面白いのかな? と思いました。映像は綺麗なのがよかったです。

☆☆

鑑賞日:2013/08/02 DVD

監督行定勲 
脚本伊藤ちひろ 
行定勲 
原作井上荒野
出演阿部寛 
小泉今日子 
野波麻帆 
風吹ジュン 
真木よう子 
忽那汐里 
大竹しのぶ 
羽場裕一 
荻野目慶子 
岸谷五朗 
渡辺いっけい 
永山絢斗 
奥田瑛二 
田畑智子 
0
タイトルとURLをコピーしました