映画【生贄のジレンマ】感想

ikenie DVDorBD

●こんなお話

 卒業生たちが学校に閉じ込められて1時間おきに生贄を決めないと、配られた腕時計から毒がうちこまれてのたうちまわって死んでいくという話。

●感想

 この手の映画は主人公たちが見てるこちら側が考えることより頭の悪いことをしちゃったりすると一気に興ざめしてしまうものですが、この映画ではそんなことはなく。あれはダメこれはダメという設定をつぶしていきます。
 そして1時間おきに記名投票しないと全員死んでしまうという恐怖から、さっきまでの仲良しだったのがけり落としていくような展開。まさに生贄のジレンマが始まって怖いです。
 対策を考える者、偽善だと投票する者、好きな人のために自己犠牲を発揮する者。大勢の人物たちが入り乱れていきます。

 ただ、次々に死んで行ってその後、思い出VTRで10年後の自分を語るのが挿入されますが。あまり悲劇的な感じを受けずむしろ物語が停滞してしまうように思えました。
 それに死に方が身体をビクビクさせてのたうちまわるだけなので、そんなに視覚的に面白味がないのも残念でした。身体が爆発するとかショッキングな死に方だったら面白いと思いました。 

 1回見おわって再び序盤の日常を見ると、誰がどう片思いしていてというカットがさりげなく挿入されていたり。仲良かったのにゲームが始まると蹴落として、な展開を知っているだけに複雑な気持ちになる2度目でした。そして第2ラウンドが楽しみな1本目でした。

 助かったと思いきや、やっぱりまだ終わらなくてというところから始まる2作目。いきなり死への恐怖から好きな人と愛し合ったりするっつう。他には片思いの相手を無理やりやっちゃおうとしたり、人間の本能の部分がだんだんとむきだしになっていきます。
 1作目は死亡フラグが立ってない人物とかがいきなり死んだり、クラスまるごとがいっぺんに死んだりと予想外の出来事が続いて面白かったです。

 今回は、主人公や仲間は何とか外へ逃げられないかと監視されてる腕時計を外そうとしたり、女の子たちは片思いしてる主人公とかのために行動したり。振り向いて欲しいから、だんだんと狂信的な行動をとるようになったりと偉いことになっていきます。
 それでもタイムリミットはくるわけで、投票するのか? それとも生贄に誰かするのか? それとも別な対策があるのか? という90分。

 主人公は誰も投票したくないといいながらも、無茶苦茶する4組のだまし討ちのせいで主人公のせいで死人が出たみたいな展開は面白いです。それのせいでクラスでの対立が深まったりして、次から次に問題が発生していく。
 腕時計で監視されてるという理由で、自らの腕を切ってしまおう、な展開もハラハラしました。そして相手側から提示される救済システム。それを信用するのかしないのかで、これまた疑心暗鬼になる。

 「うわー!」と相変わらず身体をビクビク震わせて死んでいくのは面白味にかけますが、いっぺんに20人くらいが死んでいくのを見るのは辛いです。地獄絵図。
 確かにこの学校の外の世界は全く描かれないので、誰も助けに来ないのは何故なのか? とか気になる点もありますが。ラストに期待したいです。

 人数もだいぶ減ってきて、メインどころの登場人物の展開になるのかと思いきや。脇役たちのストーリーが描かれて、正直話の展開が停滞してしまっているように思えました。
 主人公はひたすら穴掘りをしてるだけで、後は「もう投票なんて嫌!」と穴の中に飛び込むのか「くじ引きだ!」とせっせと投票する人たち。隠れてイチャイチャする同性愛の人たちがいたりと、正直だんだんとどうでもよくなっていく展開でした。

 主人公と仲のいい声の出ない天才プログラマーや生存欲求の強い女の子や、いきなりジョーカーなる存在が出てきたりして戸惑うという。
 そして誰が何のためにこんなことをするのか? というのをさぐってもいきますが、その答えもちょっとガッカリ。わざわざこんなメンドイことを設定して人類を減らす意味って何だろうと思いました。
 これだけ長い時間描いてきてるのに、たくさん出てくるクラスメイトたちを結構時間をかけて描くために。主人公はただ「もうオレは誰も死なせたくない!」と叫んでせっせと穴掘りしてるだけにしか見えないのが痛かったです。

 ちょっとなぁー。テンポがよくて次から次に展開していくのが面白かっただけに、もっと人間の凶暴性や残虐性を描いて、それでいて希望が少しが見える展開が見たかったです。
 とはいえ、ゲームの攻略法がわかって全員で○○する。というのがわかって、せーので行動した時1人だけ違う行動をしたときの隣の男の子の叫びなんかは笑えるものでよかったです。
 全体的に30分の連続ドラマで各クラスの登場人物たちを掘り下げていけば面白いのかな? と思う3部作4時間30分でした。

☆☆

鑑賞日:2012/08/09 DVD

監督金子修介 
脚本小林弘利 
原作土橋真二郎
出演須賀健太 
竹富聖花 
木ノ本嶺浩 
山本ひかる 
菅野莉央 
柳喬之 
清野菜名 
0
タイトルとURLをコピーしました