映画【首都消失】感想

DVDorBD

●こんなお話

 東京に謎の雲が覆って音信不通なっちって2000万人の安否がわからない中、いろんな人たちがてんやわんやの話。

●感想

 ある日突然、首都東京と連絡が取れなくなる謎の雲が現れる。
 それを調査する学者さんやら企業の人たち、政治がストップしちゃったので全国の知事たちが臨時政府を作ろうと動いたり、シミュレーションものとして面白く見ることができました。
 そんな中、家族の安否がわからないながら無事を信じて働く人たちが描かれて行って、アメリカソ連が乗り出してくる。
 雲が一体どこからきて何の目的なのかというのが説明されないのが逆に怖くてよかったと思いました。

 ところが中盤からは主人公たちの恋愛要素が加わってしまい、しかも今まであんまり出てこなかった記者さんたちの恋愛なので正直どうでもよくなっていまいました。
 それに政治の動きとかが全く消えてしまうのが残念でした。結構挿入される関西マスコミの人たちもあんなに時間をかけるのであったら、逆に描かなくてもよかったような気がしました。

 そしてスーパー兵器みたいなのが出てきて雲に照射したりするのもありますが、スーパー兵器が日本らしくてリアル路線だったのが途端にリアリティーがなくなってしまってグッタリでした。
 雲の中の人たちが心配で歌を歌うシーンも失笑ものな名シーンが印象的な映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2014/09/26 DVD

監督舛田利雄 
脚本山浦弘靖 
舛田利雄 
原作小松左京 
出演渡瀬恒彦 
名取裕子 
山下真司 
石野陽子 
大滝秀治 
夏八木勲 
財津一郎 
おさむ(ザ・ぼんち) 
津村隆 
丹波哲郎 
石橋蓮司 
渡辺文雄 
松村冬風 
江角英明 
岸部一徳 
平淑恵 
三木のり平 
竜雷太 
加藤治子 
海老名美どり 
0
タイトルとURLをコピーしました