映画【隠し砦の三悪人】感想

DVDorBD

●こんなお話

 敗れた大名のお姫様と侍大将、そして卑しい百姓2人が薪に隠した金と一緒に敵中突破するというロードムービー。

●感想

 序盤はひたすら百姓2人組が自己中っぷりを発揮して他人のせいにして自分だけが助かろう儲かろうとします。
 その百姓たちの根性を利用して姫と侍大将と一緒に絶対突破不可能だと思う障害が次から次へと襲い掛かり、それをどうやって乗り越えていくのかという。
 単純にどうやって突破するんだろうという面白さとそれに加えてキャラクターの面白さ。百姓たちがとにかく何とか逃げようとトラブルメーカーっぷりが笑えます。途中で仲間になる売られた娘も味方になり、更に途中で三船敏郎さん演じる侍大将のライバルである藤田進さん演じる敵方との侍大将との敵味方だけど武士道に生きる侍たちのやりとりのカッコよさ。

 130分の映画で、敵中突破が始まるまで60分ほどとほとんど半分とちょっと長い気がしました。後は時代のせいか、一騎打ちとかも長く感じます。

 とはいえ、ラスト追い詰められてもう駄目だとなったときの「♪人の命は火と燃やせ~」と歌声が響き「燃やすか! 裏切り御免!」の気持ちよさったらないです。何回見ても上がるクライマックス。
 そしてあれだけ自己中だった百姓たちが気持ち悪いくらい良い奴になるラスト。面白くて楽しい映画でよかったです。

☆☆☆☆☆

鑑賞日: 2013/06/08 DVD

監督黒澤明 
脚本菊島隆三 
小国英雄 
橋本忍 
黒澤明 
出演千秋実 
藤原釜足 
三船敏郎 
藤田進 
上原美佐 
志村喬 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました