映画【地獄の変異】感想(ネタバレ)

the-cave
スポンサーリンク

●こんなお話

 地下洞窟で謎の生物に襲われる洞窟ダイバーたちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 この手のジャンル映画では王道中の王道を行く展開でそれ以上でもそれ以下でもないフォーマットをしっかりとまとめてくれている作品でした。

 装備も経験も十分なプロフェッショナル集団が洞窟探検に訪れて、謎の生物に襲われて閉じ込められて何とか脱出しようとするけど、1人また1人とやられていく。

 水中映像は素晴らしくて、あの撮影をしたスタッフさんたち最高でした。主人公が兄弟でお兄さんが頼れるリーダーで弟はお兄さんに頼りきり。お兄さんが生物に襲われて寄生生物に何かやられちゃったのか、どんどんおかしくなっていって頼っていいのかわからない状態で進んで行く一行。

 基本この人たちは、途中で重傷を負ったお兄さんが何でも率先して先頭をきって仲間を助けたりして他の人たちを救おうと必死なのが凄いサバイバル能力でした。弟さんは最初から最後までずっとお兄さんに頼ってばっかりの状態なのが映画史に残るへたれっぷりのキャラクターだと思いました。映画の中でもう少し成長してほしかったです。

 とはいえ、閉鎖空間でパニックになっていろんな死に方を楽しめる映画だと思いました。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/05/26 DVD

監督ブルース・ハント 
脚本マイケル・スタインバーグ
出演パイパー・ペラーボ 
コール・ハウザー 
モーリス・チェスナット 
エディ・シブリアン 
リック・ラヴァネロ 
マーセル・ユーレス 
キーラン・ダーシー・スミス 
ダニエル・デイ・キム 

コメント

タイトルとURLをコピーしました