映画【白い肌の異常な夜】感想

DVDorBD

●こんなお話

 南北戦争時に北軍の負傷兵をかくまうことになった女子学院がざわつく話。 

●感想

 冒頭から幼い子どもにキスをするイーストウッドにびっくりなツカミで、傷が癒えて松葉づえで歩けるようになってくるとだんだんと問題が大きくなって行きます。 

 1人の男を巡って少女からワケあり園長まで年齢を超えて女性たちの心が乱されていくのをモノローグとか一瞬のフラッシュバックとかで説明されていくのが面白かったです。いきなり近親相姦とかの説明とかビックリでした。 

 園長とかはフラッシュバックとモノローグでどんどんとただの淑女じゃないとわかってきて、味方の南軍がやってきても報告せずに思いとどまって何やら倒錯した人物だとわかってきます。主人公も女性に好かれようと南軍を助けようとして撃たれたと言っておきながら、南軍の背中に銃を撃つ主人公がこれまたフラッシュバックで入ってきて見ているこちら側は主人公の性格を知ることができてサスペンスとして適度な緊張感があって退屈せずに見ることができました。 

 表面上は穏やかにしているけれど、お互い探り合い欺瞞に満ちた世界を見せてくれる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2018/03/14 DVD

監督ドン・シーゲル 
脚本ジョン・B・シェリー 
グライムス・グリス 
原作トーマス・カリナン 
製作ドン・シーゲル 
出演クリント・イーストウッド 
ジェラルディン・ペイジ 
エリザベス・ハートマン 
ジョー・アン・ハリス 
パメリン・ファーディン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました