映画【ミュータント・ニンジャ・タートルズ3】感想

DVDorBD

●こんなお話

 日本の戦国時代にタイムスリップして大名やイギリス人たちの戦争に巻き込まれるティーンエイジタートルズの話。

●感想

 予算は少ないだろうけど、日本描写がトンデモ度が少なく合戦シーンとか結構スペクタクルで迫力があって凄かったです。話自体はアクションコメディで主人公のタートルズ達は終始軽口をたたいて緊張感ゼロでいってトントン拍子で進んでいくので気軽に見られるものでした。

 戦国時代の日本人たちが皆さん英語得意で「当時はイギリスと交易していた」という理由だけで大名から子どもまでみんな普通に英語しゃべったり、タートルズと入れ替わりに現代アメリカにやってきたサムライ4人がアイスホッケーを見て殴り合いをしたりするのを結構長いこと見せられたりして、どういう気持ちで見ればいいんだろうと呆然とする時間がそれはそれで楽しい映画でした。

 そして相変わらず、当時の技術でのタートルズ達の描写が素晴らしくてCGとかとは違うリアリティが凄くてどうやって撮影しているのか気になるカメの造形でした。

 ただアクションシーンとかは時代のせいかもしれないですが、単調で特にタートルズのアクションとかはまったりしていて退屈でした。

 とはいえ、現代アメリカにタイムスリップした侍たちがゲーセンを楽しんだりして「戻りたいわけない」と騒ぐ姿を見て微笑ましい気持ちになる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2019/07/23 DVD

監督スチュアート・ギラード 
脚本スチュアート・ギラード
出演イライアス・コティーズ 
ペイジ・ターコウ 
スチュアート・ウィルソン 
サブ・シモノ 
ヴィヴィアン・ウー 
ヘンリー・ハヤシ 
マーク・カーソ 
マット・ヒル 
ジム・ラポーサ 
デイヴィッド・フレイザー 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました