映画【寄性獣医・鈴音 EVOLUTION】感想

DVDorBD

●こんなお話

 拉致監禁された主人公が脱出しようとする話。

●感想

 オープニングからテロップで○○年前、○○日前とポンポンと回想が使われてどんな時間軸なのかわかりずらいところからスタートしてしまって、いきなり物語に入りこめなかったです。

 前作で主人公の過去にいろんなことがあったことは説明されましたが、今回は工場に捕まってしまったところから始まり。歩いていると叫び声がどっからか聞こえてきて、そのたびにぬるい絡みが始まるってのを繰り返すだけで退屈なことこのうえないです。

 どうやら主人公の体にはクイーンとなる虫が寄生していて、一緒にいる青年はキングとなる虫が寄生していて2人の子どもができると完全な生命体ができるらしい。ずっと監視カメラで見ている科学者と工場を歩く主人公たちの構図が永遠と繰り返される70分なので、もう少し動きのある映像が見たかったです。

 主人公の妹が不思議な映像と共にもったいぶって出てきますが、それが長く映されるのも退屈で話が進展しないので退屈でした。
 妹を使って、青年と交わろうとさせて必死に性欲と戦う主人公。ずっと顔のアップを見せられるこっちは困ってしまいます。

 なんだかよくわからないけど、主人公と青年は誘惑に勝って交わるのをやめて科学者たちもあきらめて一件落着なのか? って終わりですが。2人は付き合うんだったら、絶対子どもできちゃうような気がしますが。
 回想を使わずにもっと主人公がクイーンに寄生されてしまった恐怖や悲しみや本能との戦いを見たかったです。

鑑賞日:2012/03/18 DVD

監督金田龍 
脚本藤岡美暢 
小林雄次 
原作春輝 
出演吉井怜 
神楽坂恵 
高野八誠 
木下ほうか 
倉貫匡弘 
深水元基 
久保ユリカ 
前田優希 
星野あかり 
螢雪次朗 
0
タイトルとURLをコピーしました