映画【セトウツミ】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 岸辺のあたりでダベる高校生の会話の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 関西弁のノリとツッコミでくすくすと笑える映画でのんびりとした音楽に、主人公2人の掛け合いを楽しめました。

 憧れのヒロインに対する思い、ただ目の前にただずむおっさんやオカンに大道芸人、怖い先輩などのエピソードがオムニバス的に語られていきます。誰もが経験したことあるような高校時代の一瞬を切り取った魅力があると思いました。動きのない映像ですが、ずっと同じ構図ではなく微妙に動きをつけて、そこから話も展開していくのもよかったです。

 ただ個人的にはいろんな映画があって良いとは思いますが、これを映画館で映画料金を払ってまで見たいかと考えると躊躇してしまって、深夜ドラマで10分とかの連続ものでたまたま見たらお得な気持ちになれると思う映画でした。それに話の内容が頭に残るのかとこれも考えると残らないのではないかと感じてしまう作品でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/03/20 DVD

監督大森立嗣 
脚色宮崎大 
大森立嗣 
原作此元和津也
出演池松壮亮 
菅田将暉 
中条あやみ 
鈴木卓爾

コメント

タイトルとURLをコピーしました