映画【チャンス商会~初恋を探して~】感想(ネタバレ)

salute-damour
スポンサーリンク

●こんなお話

 1人暮らしの頑固なおじいさんが隣に引っ越してきたおばあさんに恋をするけど…な話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 主人公のおじいさんは、再開発にただ1人反対していて、おじいさんの恋を後押しすれば了承のハンコを押してくれるのではないかと商店街の人たちが協力してくれますが。その応援は主人公の気持ちを応援しているのではなくて、再開発という下心でやっていますが。そこらへんはコメディ色にくるんでいて彼らを嫌いにならないように作られている工夫があってよかったです。

 物語にはある秘密があって、後半でそれがあきらかにされてピースがハマっていくという構成ですが。大どんでん返しというわけではなくて、最初から思い出していくと伏線がハッキリと描かれているのでそれがわかったうえで改めての家族愛に感動できる映画でした。それも役者さんのお芝居と演出がしっかりしているので、「そういうことだったのか」という驚きと主人公に感情移入できて見ている間は熱くなれるのだと思いました。

 ただ、見終わってみるとやっぱり主人公のハンコを家に勝手にあがって盗もうとするのとか後で謝ってるとはいえ結構ひどいし、冷静に見ると主人公の周りの人たちの行動が不愉快だし。主人公がああいう状況だったら、ずっと主人公目線で話が進んでいるのでどこかで症状が出ないのはなんでなんだおろうか? とちょっと都合よすぎなのではなかろうかと思ってしまいました。

 とはいえ、冷たい世の中で家族の暖かさを感じられる映画でよかったです。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2015/10/06 TOHOシネマズ川崎

監督カン・ジェギュ 
脚本イ・サンヒョン
出演パク・クニョン 
ユン・ヨジョン 
チョ・ジヌン 
ハン・ジミン 
チャンヨル 
ムン・ガヨン 

コメント

タイトルとURLをコピーしました