映画【崖の上のポニョ】感想(ネタバレ)

ponyo-on-the-cliff-by-the-sea
スポンサーリンク

●こんなお話

 「早く人間になりたい」の金魚的な生き物と保育園児の摩訶不思議な話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 手書きが動くという暖かみ、心地よさはさすがのクオリティで並みの描写や泳ぐ魚たちの動きや主人公が住む崖の上の家やその背景の草木などを見るだけでも満足の作品でした。

 ただお話の方はエンタメ映画の脚本の骨法みたいなものはあまりなくて、伏線とか振りとかオチみたいなものの説明は一切ないので、どうしてそうなる? という展開が続くので終始ポカンとしてしまう内容でした。

 金魚と言われている人間になりたい主人公は父親から逃げていますが、父親の魔法使いとの関係や父親が話す用語などもどうして追いかけっこをしていてどうしたら正解なのかとかもわかりにくいので、追いかけっこのハラハラドキドキのサスペンスなどはいっさいなかったです。いったん、捕まったポニョが父親から逃れる下りとかも何が起こっているのかとか全くわからなかったです。

 中盤から「パンダコパンダ雨ふりサーカス」的な水に沈んだ街が出てきて、そこを冒険するくだりになりますが。そこからは黄泉の国なのかな? という不思議な世界観である意味怖いシーンが続く中盤から後半でした。

 自分の親を名前で呼んだりする教育は間違っているのではないかとかお母さんの運転が荒すぎて引いてしまうとか見ながら終始思ってしまう映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2009/07/28 DVD  2019/08/24 日本テレビ

監督宮崎駿 
脚本宮崎駿 
原作宮崎駿 
出演(声)山口智子 
長嶋一茂 
天海祐希 
所ジョージ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました