映画【アウトレイジ 最終章】感想

DVDorBD

●こんなお話

 相変わらずみんなで殺し合いをする第3弾。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭で海に向かうトラックにビートたけしさん演じるシリーズ通しての主人公がいて、その子分とのじゃれあいがあってからナイトシーンでの黒い車にタイトルどーん! と出て赤い文字でスタッフロールというツカミが最高にかっこよかったです。ハングルのネオンの中の異国感も不思議な世界観が出ていたと思います。 

 韓国での関西のヤクザとのもめ事をきっかけに相変わらずのパワーゲームが繰り広げられていきますが、前作であった関東VS関西の言葉の罵倒合戦みたいなものは、そのメインで怒鳴りあう役者さんたちが高齢化なのか迫力不足が否めなくて、むしろトーンダウンしていておじいちゃん感いっぱいで見ていてかわいそうになってきてしまって気を使ってしまいました。 

 群像劇で2作目までの実質的な主人公であった小日向文世さん演じる刑事が2つの組織を行ったり来たりして潰し合わせるという【用心棒】の三十郎のような役割の人がいなくなって、物語のエンジンとなるものがないので、勝手に揉め事起こして勝手に滅びていくだけに思えてしまいました。1作目にあった楽しい殺され方みたいなものもなくなり2作目にあった怒鳴りあいもなくなり、基本会話劇で進んで進んで行くので終始退屈な100分間でした。 

 前作であれだけ強大だった花菱会の西田敏行さんと塩見三省さんが途端に小者感いっぱいになっちゃってキャラクターが変貌ししまってガッカリで、前作の山王会同様、新しい会長がいきなり子分たちを争わせて内ゲバを始めてしまうのも同じことの繰り返しでありしかも過去2作のトーンダウン版のように感じました。塩見三省さんが裏のフィクサーなる大物に謝罪しにいって、その後西田さんが謝りに行って。という繰り返しもいきなり花菱会が前作の山王会が花菱会にやられていたとき同様に簡単に弱みを握られてどんどんと追いやられていくのもパワーバランスが崩れていく面白さみたいなものはなかったです。 

 初期北野作品にあった斬新なバイオレンスシーンの魅力はもはやなくて、相変わらず単調な銃撃シーンなどが続いてアクション映画としての見せ場が少なくて残念でした。棒立ちで撃ちあったりマシンガンを持って討ち入りなどと【ソナチネ】のような銃撃シーンがあるけれど、それの劣化版みたいに思えて悲しかったです。やっとこさ出所してお祝いされていたヤクザの幹部さんが可哀そうでした。 

 主人公である大友も韓国からお世話になっている会長さんのためにもはや日本犯罪史に残る殺戮を繰り返していきますが、張会長との間に何があったのかわからないため、どうしてあんな行動をとるのかがよくわからず。ただの狂犬にしか見えなかったです。それでいてアクション映画としての銃撃シーンではなく象徴的な銃撃シーンで見せ場であるバイオレンスシーンにカタルシスが感じられず残念でした。これだけ殺しあってヤクザの幹部って護衛つけないのかなとか余計なことばかり気になっちゃいました。 

 西田さんが新しい会長との抗争で同生き抜くのかとかの面白さやいまやすっかり小さくなってしまった東京の山王会などの結果も中途半端感がいなめなかったです。個人的には岸辺一徳さんとかはまるで活躍の場がなくて残念でした。 

 バイオレンス映画としても権謀術数で生き抜いていく面白さもあまり感じられなかったです。 

 個人的には前作で終わっておいてもよかったのではないかと考えてしまって蛇足な1本に感じてしまいました。そしていったん悪いことしたら更生は絶対許さず死刑にされてしまう考えなんだとわかる映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/10/08 シネマサンシャイン平和島  2018/06/28 Blu-ray

監督北野武 
脚本北野武
出演ビートたけし 
西田敏行 
大森南朋 
ピエール瀧 
松重豊 
大杉漣 
塩見三省 
白竜 
名高達男 
光石研 
原田泰造 
池内博之 
津田寛治 
金田時男 
中村育二 
岸部一徳 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました