映画【オールド】感想

Old☆☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 リゾート地のプライベートビーチに行ったら30分で1年時間が経っちゃう話。

●感想

 リゾートへやってきたファミリーが特別にプライベートビーチを紹介されて、行ってみたら何やら時間軸がおかしいぞとなり。脱出しようとしても意識を失ってしまって外に出られないぞ、さあどうしようというアイデアの面白さで楽しい映画でした。

 30分が1年のスピードで進むらしいという仮説を立てて、軽い傷とかだったらすぐに再生したりと難病の腫瘍とかの治療法もそういう方法があったのかという面白い設定でした。それにスリラー映画として不思議だったり怖いシーンだったり適度にありつつ、人生の終末についてもじっくりと見せてくれて感動もできるてんこ盛りの内容の100分。骨折するとすぐ再生しちゃうのでさあ大変とかサビが身体に入ると敗血症だかになるのをサビを取り出さずに身体の中に高速で入ると劇中で初めて見る映像で面白かったです。

 ただこの監督さんの特徴であるワンアイデアで話の展開を引っ張る構成がとにかく老化していくので、早く脱出しよう。けど意識を失う。の繰り返しが個人的には冗長で途中でチト退屈に感じて100分間でした。それにやっぱり30分で1年時間経過しちゃうってことは1秒でどれくらい? とか見た目があまり変わらないのはどうしてだっけ? とか中身は子どもだけど成長したら精神は今どうなってるんだろう? と細かいところが気になってストーリーに入り込めないところもありました。

 話のオチもサービス的にあって、これを見る限り人体の治験を高速で行って薬を作って人類を救うというのとかは2021年現在の新薬を人類に提供しまくるのと被るオチとかは皮肉な展開でした。

 シャマラン映画らしい独特のカメラワークなども堪能できる作品でよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2021/09/22 TOHOシネマズ日比谷

監督M.ナイト・シャマラン 
脚本M.ナイト・シャマラン 
原作ピエール・オスカー・レヴィ 
フレデリック・ペーターズ 
出演ガエル・ガルシア・ベルナル 
ヴィッキー・クリープス 
アレックス・ウルフ 
トーマシン・マッケンジー 
エリザ・スカンレン 
ルーファス・シーウェル 
ケン・レウン 
ニキ・アムカ=バード 
アビー・リー 
アーロン・ピエール 
エンベス・デイヴィッツ 
エリザ・スカンレン 
エミュ・エリオット 
キャスリーン・シャルファン 
タイトルとURLをコピーしました