映画【グランド・イリュージョン 見破られたトリック】感想(ネタバレ)

now-you-see-me-2
スポンサーリンク

●こんなお話

 1人のマジシャンを1人前にするためのある人物のめちゃくちゃ壮大な計画の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 前作で潜伏生活に入っていたフォー・ホースメンがまたまた劇場型マジックをやろうとするけど、失敗して大富豪に脅迫されてある物を盗むために頑張るという。 

 前作同様、派手派手な映像で次から次に展開していく120分でグッタリする内容でした。劇中のマジックがもはや天草四郎レベルの奇跡のようなものなので、この人たちが宗教団体とかやったら一大勢力になるんだろうな、というマジックの連続でした。 

 悪人たちのお金を盗むという【オーシャンズ11】的だったり潜入ものってのも【スパイ大作戦】的なギミックいっぱいのチームで潜入するものとして面白く見れました。 

 ただ個人的にはいろんな要素を詰め込みすぎて、手のひらで転がされてました。というのを後から説明するというシリーズですが、後半になるにつれ、もはや誰が誰のためにこういうことをしていたのかよくわからなくなっていきました。アイというグループのお金持ちっぷりが凄いことだけはわかりました。そのため、この手の映画で大事な「やられたった」感は少なくて、もはや何でもアリ状態なので、騙された気持ちよさは感じられなかったです。出てくるマジックが、もはやマジックの範疇を超えているもので、派手で凄いですがそれが映画としての面白さになっているかと考えると謎でした。トランプにチップを隠すシーンとかも何であんなにみんなでトランプを投げ合うのかとか1人が隠してればいいのではないかとか、前作でもあった暗示や催眠術がジェダイマスターよりも強くて、ほとんど反則に近かったです。 

 モーガン・フリーマンの立ち位置が結局何だったのだろう? 主人公たちと対立する人たちも全く凄そうに見えなかったり、もう少しハラハラドキドキできる映画が見たかったです。 

☆☆

鑑賞日: 2016/09/04 チネチッタ川崎

監督ジョン・M・チュウ 
脚本エド・ソロモン 
原案エド・ソロモン 
ピーター・チアレリ 
出演ジェシー・アイゼンバーグ 
マーク・ラファロ 
ウディ・ハレルソン 
デイヴ・フランコ 
ダニエル・ラドクリフ 
リジー・キャプラン 
ジェイ・チョウ 
マイケル・ケイン 
モーガン・フリーマン 

コメント

タイトルとURLをコピーしました