映画【マチネー 土曜の午後はキッスで始まる】感想

DVDorBD

●こんなお話

 キューバ危機でアメリカ全体がビビってる中、ホラー映画のプレミア上映で街が騒動になる話。

●感想

 1962年が舞台ですが、まだ50年代感がいっぱいでその時代を知らなくてもどこか懐かしいノスタルジックな気持ちになる作品でした。

 ホラー映画の新作をひっさげて街にやってくる映画監督が映画館に現代でいう4DXやMX4Dのような体感型の劇場を作っていたり、「こんな映画はけしからん」と映画館前で訴えるサクラを雇ってあおったりとして映画を色んな手法で盛り上げるアイデアいっぱいで楽しい人物でした。それとティーンエイジたちの映画と恋愛が描かれていて、それも主人公たちを応援してしまう愛すべきキャラクターがいっぱいでした。

 劇中劇の【マント】なるホラー映画自体の出来も最高でそれ単体でも楽しめるのではないかというホラー映画でした。

 キューバ危機で終末感でおおわれている中で映画を楽しむ人たちを見ていて多幸感で幸せになれる映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2019/08/05 DVD

監督ジョー・ダンテ 
脚本チャールズ・S・ハース 
出演サイモン・フェントン 
オムリ・カッツ 
ケリー・マーティン 
リサ・ジャクブ 
ジョン・グッドマン 
ディック・ミラー 
ジョン・セイルズ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました