映画【孤狼の血 LEVEL2】感想

korou ☆☆

●こんなお話

 前作から3年後、何とか治安を保っていた刑事だったけど。刑務所から出所したヤクザが暴れ始めて、主人公がズタボロになっていく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 前作では新人刑事だった主人公が今作ではやさぐれてヤクザが表立って動かないように立ち回っている。恋人のチンピラの弟を使ってスパイさせていたり。そんな中、刑務所から前作で会長を殺された組に復帰してきた男が戻ってきたら、自分の組はお金儲けばかりしていて気に食わない。そしてピアノ教師殺害事件が起こって…。

 バイオレンス描写はもはやサイコキラーもののような描写でなかなかの残酷描写が凄かったです。前作からのヤクザ同士の抗争がくすぶっていて、会長を殺されてリベンジをしようとする鈴木亮平さんですが、親分たちはやる気がないので次々に身内を殺していく。親殺しをしたら「仁義の墓場」の渡哲也さんも「仁義なき戦い広島死闘編」の北大路欣也さんはすぐに潰されそうになっていましたが、この作品では身内を殺しても特に制裁はなく、むしろ野放しにされるのが平成のヤクザ社会の変容を知ることができました。

 あとはひたすら主人公の刑事が映画の中で2回刺されようが1回撃たれようがボコボコにされようが何度も起き上がってくる無敵っぷりが後半になるともはやコメディで笑いをこらえるのに必死でした。クライマックスになるとトンデモ度が増していって、実録ヤクザものというよりハリウッドの大味アクションの安い版みたいなものになってしまっていました。

 警察に軟禁された主人公が警官が広島カープ戦に夢中のところを拳銃奪って逃げだすあたりからありえなさトンデモ度が増して笑えてよかったです。その後、殴り込みに行くヤクザのもとに姐さんが止めに来て、いきなり撃たれて…とか。殴り込みでトラックに事務所に突っ込み、わらわらと出てきて撃って撃たれてという。ここのクライマックスの殴り込みとかは黒澤明の「用心棒」的な殴り込みで好みではありました。そこにパトカー盗んでやってくる主人公。鈴木亮平さんとなぜか2人きりのカーチェイス&銃撃戦。そこからの一騎打ちなどぶっとんだ展開が繰り広げられていきました。

 正直、140分はチト長くて。ヤクザの争いとかもあまり起こらず。序盤の状況説明もだいぶ長く感じて退屈ですし。鈴木亮平さんが登場して宇梶剛士さんと言い争いが始まってからやっとこさ動きだしたと思ったら、そこでまた動きが止まって残酷なことが起きたり、可愛がってるチンピラの潜入捜査もののハラハラドキドキもそれほどなく、ダラダラな展開が続きました。

 主人公の最後も「県警対組織暴力」の菅原文太さん的な異動なのかなと思ったら、そのまますっと終わっていくのとかもがっかりで主人公の身体の傷とか大丈夫かな? と心配してしまう映画でした。

☆☆

鑑賞日:2021/08/20 TOHOシネマズ川崎

監督白石和彌 
脚本池上純哉 
原作柚月裕子
出演松坂桃李 
鈴木亮平 
村上虹郎 
西野七瀬 
中村梅雀 
早乙女太一 
斎藤工 
吉田鋼太郎 
音尾琢真 
渋川清彦 
毎熊克哉 
筧美和子 
青柳翔 
滝藤賢一 
矢島健一 
三宅弘城 
宮崎美子 
寺島進 
宇梶剛士 
かたせ梨乃 
中村獅童 
タイトルとURLをコピーしました