ドラマ【麒麟がくる】感想

kirin ☆☆☆

●こんなお話

 明智光秀が斎藤道山と息子、足利将軍家と織田信長とか板挟みの生涯の話。

●感想

 自分の感覚が保守的なのか序盤はカラフルな映像に目がチカチカして「何でこんな【ラ・ラ・ランド】みたいなんだろう」という明るさが居心地が悪かったです。

 主人公がいろんな人のお使いみたいなことをする前半から中盤までは何の話なんだろう? というせっかく明智光秀という裏切り者のイメージしかない人物を描いている割には、あまり話が進まない印象で退屈でした。ところが休止明け後からは一気に面白くて1話が短く感じる体感時間でした。

 話の軸が織田信長との愛憎劇のような展開からテンポがよくなっていった印象で、前半は本木雅弘さん演じる斎藤道三、染谷将太さん演じる織田信長も魅力的で主人公の主君となる人間が圧倒的存在感で他の配役が想像できなくなってしまうインパクトの強さでよかったです。

 ただやっぱり全44話で全体的にテンポが待ったりしていて、主人公の上司となる斎藤道三、足利将軍、織田信長などのキャラクターたちとの愛憎劇としては面白いですが、女性キャラクターがあまり魅力に感じられず、ただの添え物になっている印象で残念です。

 吉田鋼太郎さんは吉田鋼太郎さんイメージ通りの松永弾正だったり、片岡鶴太郎さんもイメージ通りの小悪党っぷりだったり楽しいですが、これもいつも通り感なキャラクターでした。

 クライマックスの最終話の本能寺の変も見せ場としてはあっさりであり駆け足であり本能寺の変へ向けての動機なども秀吉との関係や家康との関係など楽しみにしていましたが、カタルシスは不足していて44話見てきてこれか感強めでした。そのため前半の鈍重さが惜しく思えてしまう大河ドラマでした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/02/08 NHK

脚本池端俊策
出演長谷川博己
木村文乃
染谷将太
川口春奈

0
タイトルとURLをコピーしました