映画【キングスマン】感想(ネタバレ)

kingsman-the-secret-service
スポンサーリンク

●こんなお話

 地球を救うために人類の数を調整しようとする過激な大富豪と戦うスーパースパイの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 スーパーアイテムとかを使いながら戦うというスパイものとして、ムチャクチャさとコメディっぷりが面白くて楽しめました。詳しくないのでわからないですが、この手のジャンルの名作のオマージュがたくさんあるんだな、とわかるし。そういう作品を作り手が愛してるのが伝わってきて好感を持ちながら最後まで見ることができました。

 スーパースパイになろうとする若者たちのトレーニングが前半でエリートたちに馬鹿にされながら雑草魂で頑張る主人公。マスターたちのムチャクチャなトレーニング。それを突破していく主人公と仲間たち。

 一方、大富豪はSIMカードを配布して何やら企んでいる様子。この計画もありえないようなムチャクチャな計画ですが、この映画の世界なら許されるもので良かったです。

 一人前になった主人公と仲間や先輩たちと圧倒的不利な状況から敵のアジトに乗りこんでの大暴れ。

 身体が真っ二つになったり人体破壊が凄いですが血はそんなに出なくて残酷性は低かったと思いました。クライマックスで人類の数を間引きしようとした支配層たちの首が一気に…。というのは残酷だけど、見てて気持ちのいいシーンなのが不思議でした。

 クライマックスが味方がわずかで敵が多数に対して、ただ突っ込んでいくというだけというのが普通な感じでザンネンでしたが、20分楽しいエンターテイメントだったと思います。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2016/01/04 Blu-ray  2018/01/27 Blu-ray

監督マシュー・ヴォーン 
脚本マシュー・ヴォーン 
ジェーン・ゴールドマン 
原作マーク・ミラー
出演コリン・ファース 
マイケル・ケイン 
サミュエル・L・ジャクソン 
タロン・エガートン 
マーク・ストロング 
ソフィア・ブテラ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました