ドラマ【キングダム】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 死人が蘇って人間を襲う疫病が蔓延した朝鮮で王子が民と共に立ち向かう全6話。

●感想

 Netflix制作ドラマで映画【最後まで行く】【トンネル】のキム・ソンフン監督なのかな? 映画【空気人形】【復讐者に憐れみを】。ドラマ【センス8】などなどの好きなペ・ドゥナさんが出ているので、軽い気持ちで見ることにしました。

 全速力で大量に襲ってくるゾンビと李氏朝鮮という組み合わせが面白くて、太陽が苦手で夜に大暴れしたと思ったら、日光が昇り始めると日陰を求めて猛ダッシュするという映像はなかなか新鮮でよかったです。
 日中は死んだようになってるとかの設定も面白かったです。ゾンビもの+玉座を巡る陰謀劇という李氏朝鮮ものらしい話もありつつ。主人公の国王の息子さんは謀反の疑いで追われたり、彼に従う家臣や看護師さんや猟銃使いとか仲間が増えていきながら、役人と戦いながらゾンビと戦いながらの6話で飽きずに見ることができました。  

 ただあんまり李氏朝鮮に詳しくない身から見ると人名はまだしも地名や役職なんかは発音すらわからず、誰がどこに向かっているのかとか。今誰が誰と喋っているのかとか李氏朝鮮の身分制度とかがわからないため、ストーリーが頭に入ってこない部分もありました。

 とはいえ、6話でまるまるゾンビとの合戦に挑む準備をしてクライマックスかと思いきや、まさかのピンチの展開に続きが見たくなるドラマでした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2019年5月29日

監督              キム・ソンフン

脚本              キム・ウニ

出演             チュ・ジフン
               リュ・スンス
               ペ・ドゥナ

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました