映画【X-MEN:アポカリプス】感想

DVDorBD

●こんなお話

 相変わらずプロフェッサーとマグニートーが喧嘩しては仲直りする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 冒頭から古代文明で神様と崇められるミュータントが大暴れでそれにやられる人たちのやられっぷりが凄くてツカミはバッチリのアクションシーンでした。

 そしてミュータントたちの能力が紹介されながら1人また1人と紹介されて同時進行で話が展開していきます。マグニートーは普通に平穏な生活をしようとしているけど、案の定悲劇が襲って人間嫌いになっちゃったり。目から怪光線を出す若者の入学があり、変身能力のあるエロいお姉さんが霧状になって瞬間移動できる若者をスカウトしたり、プロフェッサーは記憶を消した好きだった彼女さんのことをいまだに忘れられなかったり、そしてミュータント第一号的な日本映画だったら竹内力さんがやりそうな物凄い顔面をしたカタキ役が現代に蘇って、昔は神様として崇められたのに今は何者でもない状態なので、一生懸命登場するたびに大声でスピーチを始めるという面白キャラクターが子分集めをしたり。このカタキ役が核なき世界を実現してしまうので日本人として嬉しい行動をしてくれて、彼が支配する世界なら幸福なのではないかと思えるカタキ役でした。

 そして謎の軍人たちがミュータントを拉致するあたりから山田風太郎先生の忍法帳シリーズのような各キャラクターの能力を活かした戦いが始まって楽しかったです。ゲストスターの登場にも盛り上がりました。

 クライマックスも敵味方入り乱れての戦いも各々が能力を最大限に活かしてのバトルロイヤルも楽しかったです。カタキ役だけが転生に失敗して普通にその後登場する姿とかが哀愁漂ってさびしさを倍増させていました。

 マグニートーが最後に取る行動とか結局どういう気持ちでかっこよく真打登場的にポーズを決めてるのかとかジーンって人の能力って何だっけ? とか、たまたま逃げ込んだ部屋に助っ人がいたりたまたま走ったら飛行機があって、それを操縦できちゃったりと偶然で話が転がるのが気になったりしましたが。チマチマ仲間割れとか自分の境遇に悩んだりするのでなく、人類の敵をみんなでやっつけるというエンタメに徹した作品で140分という長さを感じさせない作品で面白かったです。

☆☆☆☆

鑑賞日:2019/06/26 Blu-ray  2016/08/18 川崎チネチッタ

監督ブライアン・シンガー 
脚本サイモン・キンバーグ 
原案ブライアン・シンガー 
サイモン・キンバーグ 
マイケル・ドハティ 
出演 ジェームズ・マカヴォイ 
マイケル・ファスベンダー 
ジェニファー・ローレンス 
オスカー・アイザック 
ニコラス・ホルト 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました