映画【キング・アーサー(2017)】感想

U-NEXT

●こんなお話

 目の前で両親を殺された王子がスラム街で育って、聖剣エクスカリバーを手に入れて悪い王様をやっつける話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 冒頭から巨大な象との戦闘シーンがド迫力でした。ただこの手のファンタジー映画ではもはやよくある映像なので新鮮さはなくどこかで見たことあるかのような映像になってしまっていたと思いました。 
 アーサーがスラム街で成長していく様子や修行シーンは高速編集で見せていったり、あの時こうしたみたいな回想も高速で場面をつないでいくので面白いですが、見ていて疲れる編集でした。 

 それでいて主人公をはじめ敵や仲間たちも魅力的ではないため、誰が誰だかわからず。そのため命を捨ててまで戦ったり自己犠牲のシーンとかは熱くなりそうですが、それもないのが残念でした。 
 スラム街で育った下層階級の人が王様になるという爽快感や肝心のアクションもスローとスピードアップの多用で見栄えがなく。それでいてストーリーはわかりきっているのに鈍重に感じてしまうという 

 冒険活劇として正直退屈な1本でした。聖剣エクスカリバーより冒頭に出てきた巨大な象のほうが強そうに思える映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2017/10/24 U-NEXT

監督ガイ・リッチー 
脚本ジョビー・ハロルド 
ガイ・リッチー 
ライオネル・ウィグラム 
原案デイビッド・ドブキン 
ジョビー・ハロルド 
出演チャーリー・ハナム 
ジュード・ロウ 
アストリッド・ベルジュ=フリスベ 
ジャイモン・フンスー 
エイダン・ギレン 
エリック・バナ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました