映画【検察側の罪人】感想

DVDorBD

●こんなお話

 検察側の罪人の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 冒頭のタイトルクレジットがカッコいいのと音楽が印象的でよかったです。主人公たち以外の役者さんたちもあまり知らない役者さんがいっぱい出てきてみなさん重厚なお芝居をしていて原田作品らしさがあってよかったです。  

 ただ、原田作品特有の編集は相変わらず全開で、誰が何の話なのかが分かる前にいっぱいのキャラクターがいきなり固有名詞を連発して本筋を語り始めるので、天地人を理解するのに必死でした。
 それに話を詰め込みすぎなのか、1番大事な主人公が冤罪をしてまで過去の犯罪のリベンジ魂に燃えるというのがあっさりすぎるため、ある重大なことを犯してから揺らいだり逃げたりするのもあまり深く感じられなかったりしました。それよりも松重豊さん演じる男が本当にこんな裏稼業の人がいるのかもしれないですが、何でも屋としてフィクション度がアップしてしまってエンタメとしては面白いですが、銃を用意したり暗殺をしたりとありえなさだけが強調されてしまっていました。二宮さん演じる若手検事も正義に揺らぐ役だとは思いますが、ただ大声で叫ぶだけにしか見えなかったです。

 老夫婦殺人事件の真相の流れと別に主人公の親友の議員さんの話とかも結構な割合で描かれますが、そこでの日本の悪い偉い人たちと戦うけど潰されるみたいな流れも急すぎてついていけなかったです。木村さん演じる主人公が食事するおじさんたちは誰だろう? と思ってたらどうやら同級生的な人たちらしいとかノイズがいっぱいっで、更に親友の議員さんに呼ばれてホテルの部屋で会うとかのシーンも同性愛なのかと思ってたらそうでもないとかノイズになってストーリーが頭に入ってこない演出も多々ありました。誕生日がドナルドトランプと一緒とかの会話が果たしているのか謎でした。それに、いきなりインパール作戦とかも出てきたりして戸惑いました。章立てでタロットカードが出る演出とかも謎でした。個人的には親友の議員のお葬式の泣き女集団とかは笑っちゃいましたが、それもただのノイズになってしまう演出でした。

 法律とは? 正義とは? とか殺人事件の真相は何か? とか日本の悪い権力者批判なのかとか全部が中途半端に感じてしまう映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2019/06/21 Blu-ray  2018/08/27 川崎チネチッタ

監督原田眞人 
脚本原田眞人 
原作雫井脩介
出演 木村拓哉 
二宮和也 
吉高由里子

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました