映画【軍中楽園】感想

DVDorBD

●こんなお話

 中国にめちゃ近い金門島で主人公が慰安所に配属されて、そこで働く慰安婦ややってくる軍人さんたちの話。

●感想

 序盤は新兵訓練もののジャンルで教練シーンや対岸の中国側からのマンネリな砲撃など当時の台湾の状況など楽しく見ることができました。

 映画のほとんどが政府公認の慰安所が舞台で、そこで親しくなるヒロインと彼女の過去に何があったかがしだいにわかり、いじめに遭っている主人公の友人、先輩の鬼教官などの群像劇になっていて、ひとりひとりをゆったりと描いていくため130分チト長いですが、台湾の風景とあいまってのんびりと見られる作品でした。

 鬼教官が外省人で中国で国民党軍に拉致されてそのまま台湾へやってきて、本土にいる母親に会いたいという外省人の状況やなぜ兵役があるんだと国共内戦に巻き込まれる内省人たちの状況なども興味深く見ることができました。
 慰安所で働く慰安婦たちもいきいきとしていて確かにそこにいた人たちというのが伝わってきました。

 惜しむべきは外国人が見て台湾らしい多言語の感覚がわかりにくいのが残念な映画でした。

☆☆☆

監督ニウ・チェンザー 
脚本ニウ・チェンザー
出演 イーサン・ルアン 
レジーナ・ワン 
チェン・ジェンビン 
チェン・イーハン 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました