映画【犬猿】感想

DVDorBD

●こんなお話

 見た目も性格も違う兄弟姉妹がぶつかり合いまたくっつきあう話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 主演4人の配役が素晴らしくて、この配役ができただけで面白さが担保されていると思いました。わかりやすい見た目や性格の対比や対立、嫉妬や劣等感などの張り合いをそれぞれの兄弟姉妹で見せてくれて面白かったです。兄弟姉妹ならではのぶつかり合いで当人たちにしかけなすことはできなくて、他人に文句を言われると許せなくてフォローしちゃうとかも見ていて納得してしまうやりとりでした。 

 ただクライマックスで救急車をそれぞれ交互にカットバックで見せていくところで心情を全部セリフで吐露し始めて、更には回想で子どものシーンを見せるというのは今まで描いていてわかりきっているのに、そこで号泣しながら話し始めるというのも急に冷めてしまうクライマックスでした。 

 とはいえ、さすがの吉田恵輔監督作品らしい楽しい日本映画を見ることができて満足の1本でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2018/08/17 DVD

監督吉田恵輔 
脚本吉田恵輔 
脚本協力仁志原了 
出演窪田正孝 
新井浩文 
江上敬子(ニッチェ)
筧美和子
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました