映画【KARATE KILL/カラテ・キル】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 妹がアメリカでカルト教団に捕まったので、お兄さんが古武術空手で戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 日本でフリーターだった主人公がアメリカの大男たちをバッタバッタとやっつけていくという爽快感で魅せる作品で気持ちよかったです。あまり見たことのない空手を見せてくれるので、それだけでも満足な1本でした。大勢と戦いながらだったり大ボスをやっつけるところでカメラがぐるっと回ったり、1番の強敵である剣豪との戦いが動き回るトレーラーの中だったり趣向を凝らした見せ方もよかったです。素手でどうやって弾丸と戦うのかという訓練シーンもよかったと思います。主人公がちゃんと訓練して成長していく姿。

 ただいかんせんお話の方は一本調子で妹を探して障害となる人たちをやっつけるだけだし、剣豪との戦いでピンチのときなぜかアドバイスするのが前半に出てきたカツラの木刀で襲ってくる男だったり、自衛官のヒロインも訓練するだけのためのようなキャラクターでもう少し魅力的にできなかったのかなと残念でした。

 とはいえ、小さいフリーターの日本人がなぜかめちゃくちゃ強いという設定で笑える映画で面白かったです。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/03/09 DVD

監督光武蔵人 
脚本光武蔵人 
出演ハヤテ 
紗倉まな 
亜紗美 
鎌田規昭 
デヴィッド・サクライ 
カーク・ガイガー 
カタリナ・リー・ウォーターズ 
北村昭博 

コメント

タイトルとURLをコピーしました