映画【女子ーズ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 悪の怪人軍団と戦う戦隊の女子ーズの戦いの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 福田雄一監督作品の特徴いっぱいのゆるゆるの笑いは相変わらずでした。それが特徴だので、イチイチ突っ込んでたら見ていられない映画ではあると思いました。
 戦隊として戦う女子ーズだけど、みんながバラバラで全くのまとまりがない戦隊。その面白さの一点突破の映画で個人的には笑えるものでよかったです。

 怪人が来てるのにまつ毛を治すからとかファブリーズを買ってくるとかで、なかなか戦わなかったり会話のやりとりや細かい小ネタでクスクスさせるのはさすがでした。
 日常では働いて仕事が忙しいのに戦隊としても働かないといけない大変さがあって、それが原因で喧嘩したりするけど。結局、みんな再集結しなきゃだめだとなって個別に集合をかける。そこでも小ネタで笑える展開でした。
 佐藤二朗さんは相変わらずの佐藤二朗さんだし、果たして映画と深夜ドラマの違いって何だろう? と考えてしまいますが、戦隊みなさん可愛かった映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/11/28 DVD

監督福田雄一 
脚本福田雄一 
出演桐谷美玲 
藤井美菜 
高畑充希 
有村架純 
山本美月 
0
タイトルとURLをコピーしました