映画【ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章】感想

DVDorBD

●こんなお話

 超能力を持った学生さんたちが戦う話。 

●感想

 あまりにも有名な漫画原作の映画でぶっ飛んでいるのかと思いきや、いたって真面目に作られていてトンデモ映画だと思っていたら逆に戸惑う感じの映画でした。 

 特殊能力の戦いはビジュアルとして見ていて楽しくて水を扱う殺人鬼との前半の戦いや特殊能力を与える弓を扱う兄と空間を削り取る弟との戦いの後半とどれもがよかったです。【スモールソルジャーズ】みたいな敵との戦いとかよくこんなの思いつくなという単純にアイデアが面白かったです。 

 第一部とタイトルにドーンと出てくるのでいろんな謎を散りばめて次回へ続く的な感じの話なのでモヤモヤが残る映画というのもどうなのかなと思ってしまいました。カタキ役との決着をつけるのも謎のスタンドだったりするのも唖然としてしまいました。そのため伊勢谷友介さんや小松菜奈さんが途中で完全に空気になってしまったり、神木君のスタンドは一体なんだったんだと中途半端に感じる部分も多くて乗れなかったです。登場人物も物凄い少ない人数で展開するため世界観も狭く感じてスケールが感じられないのも残念でした。 

 とはいえ、圧倒的な有名原作を上手にまとめているエンタメ映画だと思いました。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/06/03 Blu-ray

監督三池崇史 
脚本江良至 
原作荒木飛呂彦
出演山崎賢人 
神木隆之介 
小松菜奈 
岡田将生 
新田真剣佑 
観月ありさ 
國村隼 
山田孝之 
伊勢谷友介 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました