映画【初恋(2020)】感想

☆☆☆

●こんなお話

 麻薬を巡っていろんな人がバトルロイヤルになっていく話。

詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公のボクサーに麻薬漬けにされてしまったヒロインが出会い、ヤクザが麻薬を奪ったことによりチャイニーズマフィアとの抗争や警察とかいろんな人たちを巻き込んでの殺し合いに発展していくという。首が転がり、手足がもげるバイオレンスシーンをメジャー映画でやってしまうというさすがの三池作品でした。それでいて勘違いや思い込みで事態がどんどんと転がっていくのがこういったジャンルとして楽しかったです。激しいバイオレンスの中にとぼけたコメディが挟まれるのも三池作品っぽさがあってよかったです。染谷将太さんのとぼけたお芝居や「ユニディには何でもあるな」とヘルメットを被る大森南朋さんが個人的には1番のツボでした。

 ただ麻薬を盗むきっかけとなる染谷さんの行動が起こるまでの序盤30分はバラバラの人物たちがバラバラに行動するのを映していくだけなので、結構退屈でした。事件が大きくなり始めてからは楽しく見ることができましたが、なかなか鈍重に感じてしまう序盤でした。それにアクションシーンも基本ナイトシーンが多くて誰が何をしているのかわかりにくいのも個人的には盛り上がりにくいアクションシーンでした。

 とはいえ、最後のエンドロールでの役者さんたちのスチールがめちゃくちゃカッコいい映画でした。そして、ただ狙ってやっているんでしょうが、やっぱりタイトルと内容が全く持って違うものなのでどういう客層をターゲットにしているのかマーケティングが謎でそちらが気になってしまう映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2020/03/05  川崎チネチッタ

監督三池崇史 
脚本中村雅
出演窪田正孝 
大森南朋 
染谷将太 
小西桜子 
ベッキー 
三浦貴大 
藤岡麻美 
顏正國 
段鈞豪 
矢島舞美 
出合正幸 
村上淳 
滝藤賢一 
ベンガル 
塩見三省 
内野聖陽 
0
タイトルとURLをコピーしました