映画【エド・ウッド】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 映画作りへの情熱がいっぱいの映画監督とその仲間たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 お金集めに奔走して自分の夢をかける主人公を単純に応援したくなる映画で面白い青春映画だと思いました。

 映画作りのバックステージものとしても興味深く見ることが出来て、低予算映画のスタジオ撮影やミスがあっても何でもオッケーな主人公の姿が笑えました。エド・ウッドの半生にプラスして今は落ちぶれた名優のベラ・ルゴシへの愛も溢れている映画でアル中から薬物中毒になって、初めて公表して彼もお金がなくて病院を無理やり追い出されて、なおかつ映画作りがしたいと主人公と一緒に撮影する姿などは感動的でした。

 映画製作というものを見せてくれる映画で楽しい映画でした。

☆☆☆☆

観賞日:2019/06/15 NHK BSプレミアム

監督ティム・バートン 
脚本スコット・アレクサンダー 
ラリー・カラツェウスキー 
音楽ハワード・ショア 
出演ジョニー・デップ 
マーティン・ランドー 
サラ・ジェシカ・パーカー 
パトリシア・アークエット 
ヴィンセント・ドノフリオ 
ビル・マーレイ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました