映画【人魚の眠る家】感想

DVDorBD

●こんなお話

 脳死判定になった娘さんを最新技術で身体を動かせるようになって、いろいろ問題が起こる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 脳死と心臓死は果たして死なのか? という問題提起は興味深く見ることができました。真面目に進行していって電気信号で身体を動かして娘は生きていると周囲に強要して困惑させていく奥さんと奥さんがしだいに暴走していくのを止めようとする旦那さんの話をメインに研究者の若者とその婚約者のエピソードが挟まれますが、この婚約者が研究に没頭する若者に戸惑うというくだりはメインの流れとはあまり関係ない印象を受けて必要だったのかわからなかったです。研究者自体も奥さんと旦那さんの話がメインになるので彼が研究に没頭して婚約者との約束を破るうんぬんとかどうでもよかったです。

 子役のお芝居もいかにも子役子役したお芝居が続くので、クライマックスは特に子役のお芝居がメインになるので見ているのがだるくなっていくシーンが多かったです。しかもクライマックスは全員号泣とかなのも苦手なお芝居が続いてグッタリなクライマックスでした。

 大きい家に住める富裕層ってうらやましいなという映画でした。

☆☆

観賞日:2019/06/17 Blu-ray

監督堤幸彦 
脚本篠崎絵里子 
原作東野圭吾
出演篠原涼子 
西島秀俊 
坂口健太郎 
川栄李奈 
山口紗弥加 
田中哲司 
斉木しげる 
大倉孝二 
利重剛 
田中泯 
松坂慶子 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました