映画【映画ドラえもん のび太と鉄人兵団】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 地球侵略を狙う鉄人兵団との攻防の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 今作は、いつもはゲストキャラクターとのび太君の交流が多いですが、しずかちゃんがメインとなっている作品でした。

 地球侵略を狙っているらしいロボット軍団の先陣としてやってきたリルルというロボットを怪我をしているからとダイバーシティな心の持ち主のしずかちゃんがよかったです。その心に触れて、リルルは地球侵略の考えなおすという心の動きになっていました。

 しずかちゃんがリルルを説得する組とドラえもんたちの実働部隊組の二つのシークエンスが進行していて、どちらも面白く見ることができました。

 子ども向けとして説明台詞も多めかな? という印象ですが、それでも必要最低限の世界観の説明で事態を広げていて面白いシナリオでした。

 そしてスネ夫が作ったロボットの能力が凄すぎるのでスネ夫の天才っぷりが凄いのではないかという映画だったり、冒頭で巨大なロボットのパーツが天から降ってきても特に誰も怪しまない世界が楽しい映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2020/04/03 WOWOW

監督芝山努 
監修楠部大吉郎 
脚本藤子不二雄 
原作藤子不二雄 
出演(声)大山のぶ代 
小原乃梨子 
野村道子 
たてかべ和也 
肝付兼太 
山本百合子 
加藤治 
田中康郎 
三ツ矢雄二 
0
タイトルとURLをコピーしました