映画【デトロイト】感想

☆☆

●こんなお話

 1967年のデトロイトで起こった暴動とモーテルで起こった警官による拷問殺人の話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 ただよかったのは最初の説明くらいで後はいきなり暴動が起こって同時進行でいろんな場所でいろんな人が明確な動機や目的が不明瞭なまま進行するので退屈でモーテルで事件が発生するまででもうどうでもよくなっていきました。 

 中盤から同じ場所で延々と拷問を見せていきますが、それ以上でも以下でもなくただ拷問を見せるだけなのでこれまた途中でどうでもよくなっていきました。何で被害者たちがおもちゃのピストルの話をしないんだろうか? 正直に話したところで助からないかもしれないですが、なんで本当のことを言わないのか。映画を見ただけではわからなかったです。しかもそのおもちゃの銃は見つからないってことはどういうことなんだとモヤモヤが残る事件でした。長々と拷問を見せていって、当然辛くて息が詰まりそうなシーンですが、面白くはないので早く次行かないかなと残り時間ばかり気になる中盤でした。 

 加害者である警官たちも最初から終始悪い人間として描かれてどうして彼らがこういった行動をとるのかとかは全く描かれずにただただ弱い人間で臆病でいばってるだけのキャラクターなので面白みに欠けるキャラクターでした。 

 こういう事件があったという告発の意味では勉強になりましたが、だからといって面白い映画が作れるというわけではないんだなと勉強になる映画でした。【アンビリバボー】とかの再現ドラマとかのほうが十分面白いのではないかと考えてしまいました。 

☆☆

鑑賞日: 2018/02/05 TOHOシネマズ川崎

監督キャスリン・ビグロー 
脚本マーク・ボール 
出演ジョン・ボイエガ 
ウィル・ポールター 
ジャック・レイナー 
アンソニー・マッキー
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました