映画【悪女/AKUJO】感想

DVDorBD

●こんなお話

 犯罪組織で殺し屋として育てられた主人公が国家の暗殺者集団で教育されて殺しの仕事していくうちにいろんな大人たちに振り回される話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 映画開始直後から主観視点で続くアクションシーンがセガサターンとかのシューティングゲームっぽくて古臭さを感じてしまってツカミとして失敗していると個人的には感じてしまいました。魚眼レンズで振り回すカメラワークも見ていて見づらくて、しかも映画のほとんどのアクションシーンが長回し風のカメラワークで見せていきますが、それもただ見にくいだけでアクションシーン自体が単調で退屈でした。 

 アクションシーンも見にくい上にお話の方も時間軸が入り乱れる構成のためこれまたわかりにくく入り込めなかったです。主人公が捕まって国の暗殺者集団として育てられるくだりは面白かったですが、それに主人公の少女時代で育ての親の犯罪者との出会いやそこでの殺し屋としての成長が突然挿入されるので戸惑う構成でした。 

 国家のほうの組織で卒業して娘と外の世界で暮らせるくだりからいかにも韓国映画っぽい恋愛ものにシフトしてこれまた退屈でした。男性のほうの捜査官が結婚できたらポイントアップという組織のルールとかは面白かったですが。 

 主人公が殺し屋としての任務もいくつか描かれますが、そのほとんどが失敗に終わるというのも冒頭で大虐殺をしていた主人公だったのに、任務だと失敗ばかりというのもどういう強さなのかがわからなかったです。 

 育ての親の犯罪者や国家組織のボスの思惑が非常に飲み込みずらいので、どうしてそこまでするのかとかちょっとついていけない構成であり演出だったと思います。それでいて、アクションシーンの凄さで引っ張る映画だと思うのでアクションシーンに入り込めないと辛い映画になってしまって残念でした。 

 韓国人って斧が大好きなんだなというのと監視カメラがどんな場所にも設置されていて、偉い人たちには何でもお見通しなんだと勉強できる映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/02/13 109シネマズ川崎 2018/09/12 Blu-ray

監督チョン・ビョンギル 
脚本チョン・ビョンギル
出演キム・オクビン 
シン・ハギュン 
ソンジュン 
キム・ソヒョン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました