ドラマ【サバイバー シーズン1】感想

☆☆☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 全然重要なポストにいなかった閣僚がみんな爆破テロで死んじゃったので、繰り上げで大統領になっちゃったもんだし周りから全く期待されていないしテロリストも探さないとだしで大変な仕事の日々の21話。 

●感想

 指定生存者という仕組みの面白さの設定の勝利でそれ自体面白いですが、そこから広げていく展開も見事で1話1話興味を引っ張ってくれて退屈することなく最後まで見ることができました。 

 ホワイトハウス内での政治的駆け引きやテロリストを追いかける現場の捜査官のアクションものの2つのラインが同時進行で描かれていて、THE怪しい人物たちが登場して、どうやってその人たちの障害を突破していくのかを楽しんで見ることができました。 

 ただ展開のスピードが速くてそれが面白いですが、ピンチになったりしてもすぐに次の話の頭とかでさっきまでのピンチが解決したりして障害そのものの危機感はそこまでなくてハラハラドキドキの引っ張りとかは少なかったように思えました。ラストのTHE大統領な演説もちょっと好みではない終わり方でした。 

 とはいえ、次のシーズンではどんなピンチが巻き起こるのか楽しみなシーズンでした。 

☆☆☆☆

鑑賞日: 2018/05/24 NETFILX

製作デヴィッド・グッゲンハイム
出演キーファー・サザーランド
ナターシャ・マケルホーン
エイダン・カント
イタリア・リッチ
ラモニカ・ギャレット
タナー・ブキャナン
カル・ペン
マギー・Q

コメント

タイトルとURLをコピーしました