映画【クリード 炎の宿敵】感想

☆☆☆

●こんなお話

 ボンボンアメリカ人と雑草魂ロシア人が戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

【ロッキー4】のまさかの続きという設定と役者さんたちの再集合が熱くて、リアルタイムとかでシリーズを追っている人とかは余計に物語に没入できる布陣だと思いました。話自体も【ロッキー4】を踏襲しているものなのでそういった面で面白かったです。 

 ただこの内容で130分はチト長くて全体的に退屈に感じました。主人公が冒頭でチャンピオンになって、父親を殺したボクサーの息子から挑戦を受けますが。ロッキーはなぜか「奴は野獣だ」と挑戦を避けるように言って主人公とコンビを解消するというのがよくわからず。チャンピオンならどんな挑戦でも受けなくてどうすると思ってしまいました。ただ単純に師弟関係を解消して主人公がピンチになるという流れにしたいのなら、もっと他にやり方があったと思いました。そして主人公が一度落ちてからが落ち込む流れがめちゃ長くて、ずっと泣いて落ち込むだけで鈍重に感じてしまいました。 

 前作から主人公は金銭的には恵まれていて、ロッキーのトレーニングのメモだかを写メで撮影する無礼者でしたが、今作も無礼な態度は相変わらずなのが苦手な主人公でした。ロッキーもロッキーで息子に電話するかしないかのくだりとかただ長いだけだし、疑似親子としての葛藤やボクサーとしての葛藤より主人公がプロポーズするかしないか出産であたふたとか夜泣きが大変とかいうシーンが結構長いこと描かれて、どういう気持ちで見ればいいのかわからなかったです。 

 シリーズ恒例のトレーニングシーンもアップルのコマーシャルかな? みたいな映像でお洒落でカッコいいですが、それが面白いかどうかは微妙なモンタージュでした。 

 主人公チームよりロシア親子のほうが早朝に親子でランニングして働いて国から見捨てられて、母親からも見捨てられて、それでも頑張るという感情移入できるキャラクターで彼らの最後に涙してしまう映画でした。 

 そして新生児を置いてロシアまで家族でやってきちゃうなんて、さすがベビーシッターが充実しているのかなアメリカ? とかプライベートジェットで来たのかな? とか思ってしまって試合の方に集中できないクライマックスでした。奥さんが歌って一緒に入場というのも失笑する入場の映画で典型的な失敗の2作目だと思いました。

☆☆☆

鑑賞日: 2019/01/13 シネマサンシャイン平和島

監督スティーブン・ケープル・Jr. 
脚本シルベスター・スタローン 
ジュエル・テイラー 
ストーリーシルベスター・スタローン 
製作総指揮ライアン・クーグラー 
マイケル・B・ジョーダン 
出演シルベスター・スタローン 
マイケル・B・ジョーダン 
テッサ・トンプソン 
ウッド・ハリス 
フィリシア・ラシャ 
フロリアン・ムンテアヌ 
ブリジット・ニールセン 
ドルフ・ラングレン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました