映画【大アマゾンの半魚人】感想

DVDorBD

●こんなお話

 アマゾンのジャングルの奥地の黒い入り江で探検隊が半魚人に襲われちゃう話。 

●感想

 なんといっても半魚人のデザインが最高で1954年という公開というのが恐ろしいくらい妙にリアルさがあるヌメヌメっぷりなクリーチャーでした。水中撮影の美しさも見事でずーっと見ていたくなる不思議な感覚の映像美でした。スーツアクターの方の体技がどうなってるんだと感心するアクションの数々でした。 

 話の方は単純でヒロインに恋をしたクリーチャーが男はバンバン殺してヒロインをかっさらおうとするという。学者さんたちですけど、みんな美男美女でしかも沼の中に殺人クリーチャーがいるのにみんな水の中に飛び込んで行く勇気の持ち主たちでした。そして異形のものを問答無用で射殺する人間たちもなかなかの映画で面白かったです。 

☆☆☆☆

鑑賞日: 2018/05/10 DVD

監督ジャック・アーノルド 
脚色ハリー・エセックス 
アーサー・ロス 
原作モーリス・ジム 
出演リチャード・カールソン 
ジュリア・アダムス 
リチャード・デニング 
アントニオ・モレノ
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました